So-net無料ブログ作成
検索選択

金子哲雄 激やせ 画像 [芸能]

金子哲雄 激やせ 画像のご紹介です。

金子.jpg

流通ジャーナリストの金子哲雄さんが、
10月2日に肺カルチノイドのため
亡くなりました。

金子哲雄さんは、プライスアナリスト、中小企業診断士としても
活動されていて、多くのメディアに登場していました。
1971年(昭和46年)4月30日生まれの享年41歳でした。

10月4日、東京・港区の心光院で、
金子さんのお通夜が営まれました。

金子さんは、生前、自分で、
通夜・告別式、自身が入るお墓などの準備していたそうです。

彼には、お通夜・告別式などを賑やかにして欲しいという
意思があったようで、彼が出演したバラエティ番組を再編集した
映像が流れていたようです。

お通夜には、
お笑いコンビ・ホンジャマカの石塚英彦、
経済アナリスト・森永卓郎氏、
内科医のおおたわ史絵、小沢一郎氏、
杉村太蔵、尾木直樹、冨永愛、山路徹、
カンニング竹山、石田純一、
フジテレビ・佐野瑞樹アナウンサーら約800人が参列しました。

肺カルチノイドという病気におかされた金子哲雄さんは、
死を覚悟していたようで、
今年の8月から葬儀会社と相談し、
斎場や会葬礼状などの準備を
自分自身で進めていたそうです。

軍事評論家のテレンス・リーは、
金子さんの病気を知っていたそうです。

金子さんが亡くなる数週間前に、
友人のテレンス・リー、ケイ・グラント、パラダイス山元が
彼の自宅に呼ばれたようです。

そこで、金子さんの死の覚悟を聞き、
葬儀のことをお願いされたそうです。

金子さんは、テレンス・リーに
「死ぬのは、もう怖くない。」と
語ったそうです。

金子哲雄という人は、
すごい男でしたね。

まだ、41歳という若さなのに、
死を覚悟し、
それを受け入れた。

近くで見ていた奥さんなんかは、
とても辛かったと思います。

死は、生きとしいける者の
宿命です。
だから、生命を与えられたものは、
精一杯生きなければならない。

そういうことを
金子哲雄さんは、
私たちに
教えてくれたように思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。